fc2ブログ









斧の祟り ~その後

例の山で拾った斧の件


二つ拾いまして、ひとつは先ちゃんが持って帰ったのですが・・
聞くところによると、やっぱり柄のクサビを抜こうとして石に叩き付けていたら、石が割れて飛んできて、危うくケガをするところだったそうな

おらが山へ返しに行きたいと言うと、激しく同意してくれました

で、土曜日・・


斧をデイバッグに入れて、拾った場所へ・・
バイクで行けるとこはココまでで、しばらく歩きます


先週の画像を見ながら、拾った場所を探しました


ここですね
斧は半分ぐらい土に覆われていました


斧をバッグから取り出して・・
おらのは5キロぐらいあって、とても重かった


元どおりに戻してお酒と塩でお浄め

二礼二拍手一礼して納めました
お寺の息子に聞いたら、こういう事は仏教でではなくて神道のほうだと言ってましたから

ナントナク・晴れ晴れして、気持のいい標高1700mの尾根を下りました




こんなモミの木でも


枯れていません


そしてお土産が~








産婆~まで無事戻ると、先ちゃんがお湯を沸かしてコーヒーを入れてくれました


帰りは、通った事のない林道を下って


ポンカフェに戻ると、信W師がポプラ食堂でのランチを終えて待っていてくれました

楽しみにしていてくれたお土産を献上


しばらくして涼しくなってから、信W師はポンカフェの近所のタダッシャン家の仕事に取り掛かりです



・・以上、ご心配&ご指導をいただいた皆様、どうもありがとうございましたm(_ _)m


PS
勘吉師匠が今回の件を案じて、生足神社でお守りを買ってきてくれました




・・学業成就はあまり関係ないような?


おわり


[ 2017/09/04 12:32 ] トレールラン | TB(0) | CM(20)

No title

お守りのおかげで、無事帰ってこれましたから感謝しましょう。
[ 2017/09/04 16:25 ] [ 編集 ]

No title

> かくママさん
ありがとうございます

でも、オレンジ色のワンピースを着た19歳の女神だったら、付いて行っちゃうかもです
[ 2017/09/04 19:09 ] [ 編集 ]

No title

> 伊勢原CBさん
お気遣いありがとうございました

山でバッグを背負って走ると激しくシェイクしていつもバラバラになるので、次回からそのようにしたいと思います
[ 2017/09/04 19:13 ] [ 編集 ]

No title

> 信濃DT1さん
お守り、ありがとうございました

交通安全もありますからね
山のトレッキング安全にも効くのかな?
[ 2017/09/04 19:15 ] [ 編集 ]

No title

供養お疲れさまでした!
よくよく考えてもこんなに良い刃の斧が山の中に放置されてること事態変ですよね・・・しかも二つも!?(; ̄ー ̄A
[ 2017/09/04 19:30 ] [ 編集 ]

No title

斧などに使われる木は丈夫な樫の木などかと思いますが、あそこまで朽ち果てるまで相当な年月がかかってると思います。
きっと訳ありなんでしょうな・・・(^^;冷汗
供養して終わりにいたしましょう。
[ 2017/09/04 20:53 ] [ 編集 ]

No title

タマゴダケ見てもしかしてもうでてるかと蓼科行ったけどやっぱり早かったみたい。毒キノコも無かった。💧
[ 2017/09/04 21:01 ] [ 編集 ]

No title

斧も無事帰りメデタシメデタシ

で、オレノダケは
[ 2017/09/04 21:08 ] [ 編集 ]

No title

触らぬ神に祟り無しって事でしょうか?
樵師の魂が宿って居たって事でしょうなぁ~
酒と塩で清めたのは、大正解でしょう^^流石は解ってらっしゃる!
[ 2017/09/04 21:52 ] [ 編集 ]

No title

元の場所にもどされた…なんと律儀な方達だ…と斧の神様がご褒美でタマゴダケ…?!
無事返却完了でよかったですね!
[ 2017/09/04 22:34 ] [ 編集 ]

No title

> みっちゃんさん
考え始めると、いろんな憶測が~
その道のとぎやさんなら、血を吸った刃がわかるそうな・・
[ 2017/09/04 22:37 ] [ 編集 ]

No title

> アンクルエディーさん
枝払いならナタだし、斧で伐倒していたとすると、かなり昔ですよね
雇われキコリが、すっぽかしたのかもしれないし、事故があって置いてきたのかも
いずれにしても、触らぬ神に祟りなしです
[ 2017/09/04 22:44 ] [ 編集 ]

No title

> yamamasaさん
今年はお盆前から出てましたよ
タマゴダケって、尾根の上に出やすい気がします
[ 2017/09/04 22:48 ] [ 編集 ]

No title

> ボロンコさん
すみません、見栄はってました~
実際はこんなもんです
[ 2017/09/04 22:51 ] [ 編集 ]

No title

> ゴードンさん
怪鳥の例の事故も山の神の祟りかも?
今後はお互い気を引き締めて行きましょう

お清めは伊勢原CBさんのアドバイスですよ~
[ 2017/09/04 22:58 ] [ 編集 ]

No title

> doi*enさん
有り難うございます
元々信心深くは無いほうなのですが、知らずのうちに元を担いでたりしますね
気を付けろよっていうお告げだったのかも知れません
[ 2017/09/04 23:06 ] [ 編集 ]

No title

秋田にもマタギや、山師などが居ります、斧は代々受け継がれて行く物と聞いてますが、凶器に使われたり人に害を与えた物は山に埋めるそうですよ、その時は柄の部分を切り離すそうです、お返しできて良かったですね。
[ 2017/09/05 11:19 ] [ 編集 ]

No title

> thmc64さん
ありがとうございます
ご挨拶遅れましたが、勘吉師匠の弟子のウエポンです
どうぞよろしくお願いいたします

何故あの場所に斧?と色々考えておりましたが、やっぱりおっしゃる事に近いのかも知れません
ちょっと磨いて手を加えてしまいましたが、とりあえず早めに返せてよかったです
[ 2017/09/05 17:20 ] [ 編集 ]

No title

斧こわい~~
出羽国に行く前に、生島足島神社でおがんで、交通安全ランドセル買って持ってかないといけないね。
[ 2017/09/05 19:25 ] [ 編集 ]

No title

> 信濃DT1さん
たとえばヘビは、キリスト教では邪悪なもの、神道では守り神だったりするようで、どう扱っていいのかよくわかりません

いずれにしても、拝むなりして気を引き締めておけば間違い無しですね
[ 2017/09/05 20:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://gguepon.blog.fc2.com/tb.php/580-c5cefa1e