FC2ブログ









映画レビュー ~彼のオートバイ彼女の島

信州さんからDVDを貸していただいた
カレバイ

原作=片岡義男(1冊も読んだこと無し)
出演=竹内 力、原田貴和子
今やV死ね帝王、ガン付け顔の竹内力の若い頃はえらくイケメンの好青年
原田知世のお姉さんの貴和子(ミーヨ)が竹内演じるコウを翻弄する

そして一番のキモは「カワサキW3」
コウがタンクに頬釣りしたり、ミーヨが艶めかしい手つきで撫でるシーンなど、ファンにはタマりません
この映画でどのくらいW3の中古が売れたのか知らないけど、GPZとかにしとけばカワサキはもっと儲かったでしょうに
でもW3じゃないと物語が成立しないし、北方謙三とか、原作者が自分の趣向を押し付ける話しって結構好きかも・・

作品の真髄をよく勘違いするおいらですが、ワンポイントレビューを・・・


いたいけな少女冬美を捨てて信州へ旅に出たコウだが、林道みたいなとこでミーヨに出会う
→コウが手作りのオニギリ食ってるとこがグー
→初対面でこんなミーヨのようにに馴れ馴れしいのは、今時生保レディーぐらいしかいないでしょう

コウと冬美は雑誌の交際希望欄かなんかで知り合った模様
→ホリデーオートとかにありましたね~
→慎重派は「まずは文通から」ですが、いい時代でした

冬美と別れて「苦しいはずの旅」がミーヨと出会えて「楽しい思い出」となった・・・
→この身勝手さ・・・身に沁みます

冬美の兄(三浦友和)とのバイク決闘
→チキンレースかと思いましたが、木刀使ってやるのは知りませんでした
→ワイルド7初代飛葉役の峰岸徹がちょっとだけ出ています

ギャランΛ(ラムダ)から幅寄せの嫌がらせを受ける
→おいらもアニキのお下がりのラムダに乗ってました
→おいらのはリヤトレイにダイヤトーンのスピーカが付いていました

ミーヨを連れて入ったライブハウスでレディーになった冬美と再会
→おいらだったら「やっぱ冬美にしとけばよかった」と後悔すると思う
→典子も貴和子も歌が上手い

ミーヨが友和のW1に乗ってサーキットを走る
→彼女がこんなに上手ければ、自分はバイクに乗るのをやめるでしょう

ラスト、雨の中のツーリングで待ち合わせの食堂にミーヨが来ない
居合わせた客のトラッカー達が女ライダーの事故の噂を・・・
→やっぱこういうラストか・・と思ったが、ミーヨが笑顔で現れる(夢か現実か?)
→濡れたTシャツのままオヤジ達のいる食堂に入るのかとヒヤヒヤした


・・・以上、奔放なカノジョとオートバイを絡めた話しでありました
この頃に青春を過ごした人や女子絡みで悩んだ人は共感すると思います
おいら的にはATG映画とか生々しすぎるんで、この類の邦画はあまり見ません

しかしながら現実問題、付き合い初めで最初のうちはいいとしても、
奔放すぎるミーヨみたいな彼女も困るし、
「あなたのそばにいられるだけで幸せ」という冬美もちょっとばかし、うっとうしいかも知れません
[ 2015/02/11 22:11 ] 映画・ドラマレビュー | TB(0) | CM(4)

なかなか鋭い考察ですねぇ~~❗❗
[ 2015/02/15 08:21 ] [ 編集 ]

>信州センパイ
すいません。こういうのを見ているとどうしても主人公目線になってしまうのです
ところで最近の女子のあいだでは、また太眉毛がはやりつつあるそうです
[ 2015/02/15 19:59 ] [ 編集 ]

太眉は、イモトですか~❔
エベレストだかに登ったんでしたっけ~❔
[ 2015/02/15 23:11 ] [ 編集 ]

>師匠どの
剃っている(眉を)女子より、いいかもです
[ 2015/02/15 23:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://gguepon.blog.fc2.com/tb.php/207-80a27696